実積事例

千葉窯業株式会社 コンクリートで未来が驚く。

製品は固いけど頭は柔らかい

boxカルバート プレキャストボックス L型擁壁の千葉窯業トップ > 実績事例
実績事例

谷津船橋IC-収受員通路構築事例

ボックスカルバートにて、収受員通路を構築した実績事例です。

【実績データ】

発注者:東日本高速道路株式会社 関東支社 千葉工事事務所

工事箇所:東関東自動車道 谷津船橋インターチェンジ工事

形式:ボックスカルバート(搬送工法-BCCS工法)

内空寸法:(B)1,500mmX(H)2,600mm

 

【一般図】

縦断勾配の変化にも対応しました。

【割付図】

【搬送状況】

アンダーパス事例:東京都府中都市計画道路-(B)11.8mX(H)5.3m

大型ボックスカルバートによるアンダーパス構築事例です。

 

【実績データ】

形式:4分割オールプレキャスト函渠工

内空寸法(拡張部):(B)11,800mmX(H)5,300mmX(L)900mm

内空寸法(標準部):(B)8,000mmX(H)5,300mmX(L)1,500mm

内空寸法(U型擁壁):(B)8,000mmX(H)960~4,960mm

上下連結方式:標準部・ボルト継手工法、拡張部・PC連結

最大ブロック重量:27,650kg

1組重量(拡張部):63,830kg

 

【一般図】

 

【平面割付図】

 

【函渠部から望むU型擁壁部】

 

【函渠工とU型擁壁部の接合部】

 

【アンダーパス外観】

アンダーパス事例:首都圏中央連絡自動車道-大栄JCT-5mx5.3m

大型ボックスカルバートによるアンダーパス構築事例です。

 

【実績データ】

形式:4分割オールプレキャスト函渠工

内空寸法:(B)5,050mmX(H)5,300mmX(L)1,497mm

上下連結方式:A級継手(モルタル充填式)

最大ブロック重量:17,360kg

1組重量:50,610kg

函体勾配:3.6%

 

【一般図】

 

【縦断図】

 

【据付状況写真】

アンダーパス事例:(仮称)外環道-市川JCT-11mx7m函体勾配6.5%を実現

大型ボックスカルバートの事例です。

【実績データ】

形式:6分割函渠工

内空寸法:(B)11,640mmX(H)7,250mmX(L)1,500mm

上下連結方式:A級継手(モルタル充填式)

最大ブロック重量:34,440kg

1組重量:163,000kg

函体勾配:6.5%


【標準断面】

 

【縦断図】

 

【製品据え付け状況(側壁)】

イージースラブラーメン橋が従来工法よりも安価であった実績例

イージースラブラーメン橋の特徴である

・仮締切せずに架替することも可能

・下部工が小さく、杭本数が半減

・コスト削減

を実証した事例を紹介します。

 

【実績データ】

形式:イージーラーメン橋

発注者:富津市役所

工事箇所:千葉県富津市下飯野地先

路線名:市道役場五区線

寸法:橋長14.8mx全幅員6.2m 斜角78°

種別:車道橋(A活荷重)

この写真は、イージースラブラーメン橋施工直後の写真です。

見ての通り、河川護岸は、そのままです。

もちろん、河川の植生環境も、そのままです。

つまり、仮締切せずに架替することが可能という実績例です。


この現場、実は、

従来工法で設計を完了していたんです。


見ての通り、一般的な橋梁の図面です。


この計画に対して、

イージースラブラーメン橋で提案したところ、

こんな図面になりました。


一目瞭然だと思います。

・下部工が小さく、杭本数が半減


この効果によって、

詳細設計を再度行っても、なお安価になる。

という結果が出たので、

イージースラブラーメン橋が採用されました。


現場では、

H鋼の架設

主桁がH鋼なので、桁部材が軽量です。


桁下面型枠は、上からセットできるようになっているので、

この写真は、鉄筋組立完了状況ですが

このとおり、支保工はありません。


つまり、河道に影響を与えることなく架橋できるんです。