千葉窯業株式会社
2020 採用サイト
01
一歩一歩を、全力で。「ミスターコンクリート」へ

小野瀬 佑介 東葛営業所/
2017年入社

YUSUKE ONOSE
小野瀬 佑介
小野瀬 佑介

歴史ある企業で地域の町づくりを

 生まれも育ちも千葉県。故郷を拠点に、世のため人のためになる仕事がしたいと探していたところ、企業説明会で千葉窯業を知りました。そこで知ったのは、実は自宅前の道路、県内有数の大型ショッピングセンターや何度も利用した高速道路など、あらゆる身近なところに当社の製品が使われていること。国内トップクラスのコンクリート製品を製造し、この地に根付いた歴史ある会社であることも驚くとともに魅力を感じました。コンクリート製品を通じて、地域の町づくりに貢献したい。そう心を固め、千葉窯業に入ることを決意しました。

現場と工場を円滑化する調整役

 千葉窯業は創業100年の老舗企業。そのため、先輩から引き継いだ顧客のルート営業がメインの業務となります。コンクリート製品会社の営業は、まず現場の代理人の方から製品の図面をいただき、見積りを作成。契約となれば現場を管理し、現場と工場の仲介をして、納入の段取りなどを担当します。そのコーディネートをする際、現場から納期の要望に応えるため、工場との連携作業が肝となります。大小の規模にかかわらず、一つの現場を完成させるのは一大難事業。スケジュール調整が上手くいかず、こうちゃく状態になることも少なくありません。何度も修正をしながら、ベストなバランスで納品するのは難しいものですが、全ての過程を終えたとき、関わった人々からの「ありがとう」「またよろしくね」の一言がたまらなく嬉しいです。これは経験した人でなければわからない喜びだと思いますね。
 また、普段なかなかお会いできない取引先の社長との打ち合わせでは、業界全般のことだけでなく人生観なども勉強させていただくときも。プラスアルファの経験も積み重ねられるのも、この仕事の魅力と言えるのではないでしょうか。

スタッフに恵まれ、いつも良好な雰囲気

 千葉窯業は上司や工場スタッフに恵まれていて、雰囲気のいい会社。私は学生時代ずっと野球をやっていたので、オフの日に他の営業所の草野球チームの助っ人として参加したり、仲良くさせて貰っています。私のように気分転換ができる趣味のある人、何事にも動じないメンタルを持った人が当社の営業に向いているのではないかと思います。
 コンクリートの世界は実に奥深いもの。10cm程の小さなものから、高速道路建設に使用する数十mのボックスカルバートまで、何でもわかる営業マンになりたいです。予期しないトラブルが発生した場合、お客様から「あの製品の寸法はいくつ?」と突然質問された場合でも臨機応変に素早い対応ができるよう、場数をたくさん踏んで能力を身につけていきたい。「小野瀬ならば何とかしてくれる!」と信頼されるよう、一つ一つの仕事を全力でやりきりたいと思います。目指せ、ミスターコンクリート!